春夏秋冬

ゲームと猫と・・・・あとは色々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

そろそろ戻ります  

オリンピックも、ほぼ終了しましたね。
今回の大会は、日本に関して言えば、女性が頑張った五輪になりました。

五輪といえばメダル!ですが、何色のメダルを取るのか、そしてそれに対しての主義主張をぶつけ合うメダル論争がつきもの?ですな。
スポーツの観戦方法は人それぞれなので、1位でないと意味がない!という人もいるでしょうし、参加することに意義がある!という考えで観戦する人もいるでしょうね。
なので、自分の意見を持って自分の感じるままスポーツを観戦したらいいと思います。
ただ、人と人が真剣に自分の意見をぶつけ合うだけの物がスポーツにはある。というのが凄いことだよなぁ・・・といつも思います。
それだけ人を引きつけて熱狂させる物があるんですよねー。やっぱり。


ワタクシはというと・・・
自分もスポーツを少しかじっていて、こんなオッサンになっても幸い、まだそのスポーツに取り組んでいます。
地方の草大会などにも出ているので、それなりの努力は日々しています。
ですので、オリンピックなどを見ると、とても感情移入してしまいます。(球技はそれほどでもないです)
夜中に一人でボロボロ泣いていたりします(笑)

体操の内村選手の種目別決勝「床」は銀メダルでしたが、本人はとても納得していましたね。
自分の納得できる演技がやっと出来た。と言っていました。
自分のもてる物を全部出して、理想を再現出来たときの結果は何であれ、いい顔が出来る物だと深く思いました。 

女子レスリングの伊調選手と決勝で戦った中国の選手も、とても印象に残っています。
試合終了後はトレーナーの胸で泣いていましたが、表彰式ではすごく嬉しそうにメダルをもらっていました。伊調選手に拍手を送り、銀メダルを誇らしそうに眺めていました。写真撮影での笑顔が凄く印象に残っています。

女子柔道で金メダルを取った北朝鮮の選手が優勝を決めたときにみせた喜びも、印象的でした。お国柄、言葉には出来ない程のプレッシャーの中で戦っていたと思います。まさに勝てば天国、負ければ地獄でしょうね。
それまでの試合では黙々とこなしていた彼女が、本当に嬉しそうにしていました。あれを見たとき、素直におめでとうがでてきました。

最後に・・・
重量挙げの三宅選手が言っていた「千何日頑張ってきた結果が一瞬ででてしまう場」というコメントが、すごく印象に残っています。
それは全ての選手にいえることであって、この場に合わせて練習してきています。
そういう思いがあるので、自分は、日本人の出ている競技で、その選手のときしか放送しない、他国の選手同士が試合をしているときはコメンテーターがスタジオでくっちゃべっているのを流す民放のスタイルがとても嫌いです。

4年という期間を練習してきた、世界レベルの技をなぜ流さないのか?と思ってしまします。それに感銘を受けて、次世代を担う若者が出てくるチャンスもあると思うんですよね。
まあ、大人の事情があるのも十分理解しています・・・。CMも流さないといけないし、時間枠もあるし。


何が言いたいのかよく分からなくなってきたので、これで終わります。

ただ、死ぬまでに一度は生でオリンピックを見てみたいなぁーと思うのでした。


さて、そろそろEVEに戻りますお。

category: その他

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。